住まいへのこだわり | 長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

住まいへのこだわり

住まいへのこだわり
TRANSLATION

air01

エアサイクルの家

太陽の温もりを住まいに…

寒い日でも、日向に降り注ぐ太陽の温もりはまるで極楽です。誰もがきっと思ったはず。
この暖かさを夜までとっておけないものだろうか…。

パッシブソーラーハウスは、そんな夢を実現しようと開発された住宅工法です。もちろんパッシブ(自然)ですから、電機や機械は一切使用せず、建築的な工夫のみで自然の力を建物に活かした技術です。

自然の力を利用して一年中快適…
OUR CONCEPT

いつも考えていました。夏も、冬も、暮らしやすい家、住む人が、健康でいられる家、赤ちゃんやお年寄りにも優しい家、そんな家を建ててみたいもんだ。

エアサイクル|長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅
春夏秋冬|長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

光と暮らす、風と住む。
木のぬくもりを感じ住む人に優しい住まい季節とともに、家と人の調和(ハーモニー)がかもしだす自然のここちよさ。そんな空間を作り上げます。

「地・産・地・消」

どんどん愛着が湧いてくる住まいを提供したい。
私たちは良質な自然素材を使うことにこだわり続けています。
木は同じ気候風土の土地で使ってこそ、本来の強度や耐久性を維持できます。同時に森林環境の保全にもつながります。地元で生産されたものを地元で消費する「地産地消」という自然のサイクルに即した考え方にこだわり、自然素材を扱った家作りを提案しています。

厳選した良材を扱うには…

厳選した良材を扱うには、当然その道のプロが必要になってきます。
わたしたちは木材を扱って実績をもつ会社ならではの家作りによって木の特性を活かすことができるのです。
ドイツでその道を極めたものに送られる職人と呼ばれる言葉「マイスター」。
プロとしてその道を極めてゆく人間として家づくりにおける考え方があります。

「材料と技術」

「材料と技術」この二つには一切の妥協をしません。そこをご理解いただいたうえで、お客様それぞれのライフスタイルやご予算に合わせた提案をさせていただけたら、これに勝る喜びはありません。
そして、本当に永く住み続けられる住まい、住むほどに風合いが増し、どんどん愛着が湧いてくる住まいをお客様とご一緒につくっていきたいと考えています。

風道を設えて涼風を得る

風道を作って涼風を得る|長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

日本の伝統家屋は夏の日射を遮るために深い軒や庇をつくり、建具を開け放ち、風の道をしつらえて涼風を得る。同時に通風によって、柱・梁・造作材や畳など調湿作用のある素材からの排湿を促したと考えられます。

四季折々に表情をかえる

四季折々の日本家屋|長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

四季折々に表情をかえる日本の風景。縁側はそんな美しい自然を室内に取り込める内と外をつなぐ空間です。夕涼みを楽しんだり庭の景色を眺めたり、日本の家ならではの情趣を楽しむ事ができます。

匠として・・・

家づくりの匠として|長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

住まいを形作る上でもっと重要な要素、それは技術。職人が職人たる技術を最大限に発揮し、無から家という形を作り出す。今の住宅は、出来合いのものを選びがちです。大工の腕を必要としない家づくりです。匠として技を存分に発揮する場を与えられることによりその技術は上し、そして次の世代に受け継がれるのです。

エヌ・エス住宅の住まいへのこだわり内容

エヌ・エス住宅ではお客様にご満足ご納得して頂くための施工がございます。
下記のページをじっくり読んで頂くとその良さが分かりますのでご覧頂きたいと思います。

住まいへのこだわり

エヌ・エス住宅の夜まで日中の暖かさを持続できる夢のような住まいを実現致しました。 住まいへのこだわりTRANS … Read more…

詳しくはこちら

快適な家「木のお家」

快適な家「木のお家」 HOUSE COMFORTABLE 羽毛布団やダウンジャケットが暖かいのは羽毛が空気を含 … Read more…

詳しくはこちら

エアサイクルのお客様の声

エアサイクルのお客様の声AIRCYCLE 家族をつつむ憩いの家 Q1 マイホームを建てようと思ったきっかけは何 … Read more…

詳しくはこちら

長寿命住宅

長寿命住宅LONG LIFE DESIGNS いいものを作ってきちんと手入れして長く大切に使う 「長期優良住宅 … Read more…

詳しくはこちら