長寿命住宅 | 長崎不動産なら賃貸・売買・新築・リフォームのLIXIL不動産エヌエス住宅

長寿命住宅

長寿命住宅
LONG LIFE DESIGNS

いいものを作ってきちんと手入れして長く大切に使う

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」 (2009年(平成21年)6月4日施行)は、 建物を良好な状態で長持ちさせるための措置が講じられた住宅(長期優良住宅)の普及を促進することで、資源を有効に活用し、解体時の廃棄物を抑制するなど、環境負荷の低減を図りつつ、良質な住宅ストックを将来世代に継承することで、より豊かでやさしい暮らしへの転換を図ることを目的としています。
「長期優良住宅」の認定を所管行政庁から受ける事で、住宅ローン減税・固定資産税の優遇等、税制面のメリットが受けられる他、新制度導入当初は、助成金などの制度も加わり、注目を浴びています。認定を受けるには、国が定めている一定の基準をクリアし、住宅の維持保全計画を策定の上、所管行政庁に申請をします。
認定を受けた住宅は、優良な住宅としての太鼓判を受ける訳ですから、将来的にも安心です。昭和59年の創業時より“長寿命住宅”への取り組みを研究してきた“エアサイクルの家”には数多くの実績とその確かな技術・ノウハウがあります。​

エヌエス住宅が提案する長期優良住宅のメリット

air12

その1 住まいの資産価値を高める​

その2 住宅ローン減税の優遇を受けられる​

その3 住宅ローン金利優遇を受けられる​

その4 住まい手の環境に応じた変化に対応​

その5 維持管理しやすく長持ち住宅​

その6 地震に強い家づくり​

その7 瑕疵担保保険の摘要​

その8 長期にわたり住まいのサポート(メンテナンス・リフォーム体制)​

その9 人にやさしい木の家​

その10 「エアサイクルシステム」で省エネ効果​

※二つの画像はクリックすると拡大して表示します。

動く空気で「健康住宅®」
AIRCYCLE

北陸の気候の特徴は四季がはっきりしていて、しかも夏と冬の温度差がとても多きく一年を通じて湿度が高いのです。 そんな気候風土にあう工法「エアサイクルの家」はこの北陸から生まれました。 自然エネルギーを利用し、季節に応じて対応する住まいそれが「エアサイクルの家」なのです。 エヌ・エス住宅の家づくりは、その仕組みを活用し家族みんなが健康、快適、安心して暮らせる人と家に やさしい家づくり

air16

結露を防ぐ

洗濯物は風が吹くと乾きやすくなります。同じように壁の中も動 く空気で湿気を拡散させることで壁内結露を防ぎ木の強さを維持 させ住まいを長持ちさせ、さらにカビ、ダニの発生をしにくくし、 快適で長持ちする住まいを実現するのです。

部屋ごとの温度差をなくす

家の中に温度差があると、暖かい部屋から冷たい部屋へ移動した 時に血圧が上がったり、脳卒中を起こしたり、健康な人でも風邪 をひくことがあります。赤ちゃんやお年寄り、冷え性の方には、 温度差は相当身体にこたえるものです。 「エアサイクルの家」は、冬は太 陽の当る部屋や廊下の温かさを冷 たい側へ、日中の温かさを夜間に 廻し、温度差の少ない快適な住ま いをつくります。夏は遮熱効果と たまりこむ熱気を自然に排出させ る仕組みによりムッとした暑さを 抑える工夫があります。

air15

アレルギー性疾患を招くカビ

高温多湿の日本はカビが発生しやすい気候風土です。特に梅雨 時は「カビがつきもの」と考えられてきました。しかし最近で は年間を通してカビが発生する可能性が高まっています。冬場 でも室内に結露を起こすことが多くなり、その結露がカビの温 床になるからです。

冬のヒートショック

暖かい部屋から寒い部屋へ 移動した時に起こりやすい のが「ヒーショック現象」。 急激な温度差を抑える配慮 が必要です。

air10

長持ちする家
HOUSE IS DURABLE

安心・長持ちの4つの理由

構造材

狂いが少なく、無垢材の約1.5倍の強さを持つ構造用集成材を構造材に使用。この集成材は、鉄、コンクリートより強く建物の軽量化が可能です。 また、ホルムアルデヒド放散量もシックハウス対策規制対象外のF☆☆☆☆で空気環境にも配慮した安全な木材製品です。

防腐、防蟻処理

耐久性に優れた「乾式加圧注入処理」を採用することにより、防腐・防蟻処理の薬剤が木材内部の80%以上に浸透するので、 木材を半永久的に腐れや、シロアリから保護します。
1階の軸組の外壁部分、全範囲にわたって防腐・防蟻処理を実施。

基礎部分

コンクリート容量の多い「布基礎一体型コンクリートベタ基礎」。配管はメンテナンスが便利な「サヤ管工法」を採用。 床下には上記の「キソパッキング工法」を採用。この3つの技術を組み合わせた万全の基礎部分でより丈夫な家に。

一般的な木造住宅の約3倍の水平剛性を発揮。地震や台風などの際に、加わる外力をバランス良く耐力壁に伝えます。また、厚さ4mmの遮音シートなどを施した3重構造なので、生活音が大幅に軽減され、強くて生活し易い家に。

エアサイクル住宅の4つのポイント
POINT

ポイント1 床下空間を考える

地震が多く、多湿な我国では、耐震性・通気性の両方を兼ね備えた基礎作りが理想です。従来の基礎に比べ、通気性が抜群に高く床下を湿気から守ります。
外周部に施工されている型枠材は、断熱材で出来ている為、過酷な冬場の冷えから床下を守り安定した温熱環境を作り出します。(スラブ・立ち上がり一発打ち)

画像をクリックすると大きくなります。

ポイント2 小屋裏空間を考える

日本の真夏の小屋裏の温度は50℃を超える事があります。屋根を造るとき、忘れがちなのは屋根断熱です。1階から2階に上がった時、2階の「ムッ」とする不快な温度差に驚くことがあります。薄板スレート瓦などの場合で、もともと断熱が入ってない屋根は猛暑の夏はエアコンも効かない状況です。夜になっても屋根裏→部屋へ熱が放射され、エアコンは一日中つけっぱなし、温度設定も最低ギリギリ。

エアサイクルの家は、冬の温かさの提案と同時に、夏場の爽やかさ(快適性)を兼ね備えた独特な、高性能 耐久・断熱・通気工法です。(23年の実績と実例)

画像をクリックすると大きくなります。

ポイント3 壁体内通気を考える

壁体内は、床下と小屋裏の空気層を結ぶ大事な空間です。しかも構造を支える住宅の骨格になる柱や梁を含む空間であるからこそ長持ちさせる必要があります。壁断熱材(Cmボード)は通常動かさない空間の空気をダイヤカット通気層を活かして木材を吸収させる仕組みを作り出します。

画像をクリックすると大きくなります。

ポイント4 開閉式換気孔

夏は換気孔を開いて、冬は換気孔を閉めるエアサイクル専用換気孔

画像をクリックすると大きくなります。

エヌ・エス住宅の住まいへのこだわり内容

エヌ・エス住宅ではお客様にご満足ご納得して頂くための施工がございます。
下記のページをじっくり読んで頂くとその良さが分かりますのでご覧頂きたいと思います。

住まいへのこだわり

エヌ・エス住宅の夜まで日中の暖かさを持続できる夢のような住まいを実現致しました。 住まいへのこだわりTRANS … Read more…

詳しくはこちら

快適な家「木のお家」

快適な家「木のお家」 HOUSE COMFORTABLE 羽毛布団やダウンジャケットが暖かいのは羽毛が空気を含 … Read more…

詳しくはこちら

エアサイクルのお客様の声

エアサイクルのお客様の声AIRCYCLE 家族をつつむ憩いの家 Q1 マイホームを建てようと思ったきっかけは何 … Read more…

詳しくはこちら

長寿命住宅

長寿命住宅LONG LIFE DESIGNS いいものを作ってきちんと手入れして長く大切に使う 「長期優良住宅 … Read more…

詳しくはこちら